FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

にきび痕の治療方法


 にきび痕ができた場合、もととなったにきびの状態によって、どんなにきび痕かが違います。にきび痕の対処は一律の方法ではなく、どんなものができているかでとるべき対応は変わってくるようです。


美白ローションを使ったにきび痕ケアが効果があるのは、皮膚のへこみはないけれど、色素が沈着しているというにきび痕に適しています。もしも色が変わっているだけなら、美白ローションを使うくらいのケアで症状はよくなります。


ケミカルピーリングやイオン導入による治療方法も、にきび痕が気になる人にはおすすめの方法です。ケミカルピーリングやイオン導入によって、お肌の再生を促してくれるので、にきびの痕が目立たなくなります。


何度か繰り返してケミカルピーリングなどのケアをしていくことで、にきび痕のほか、数々の肌トラブルに対して効果を発揮すると言われています。



 にきび痕が、クレーターのように皮膚をへこませてしまっている場合、ローションを塗るくらい軽いにきび痕ケアでは、消すことは不可能です。にきびができた時に、コラーゲンの繊維がその状態でもつれて固くなっているので、ちょっとしたスキンケアでは元に戻りません。


一度クレーター状になったにきび痕は、お肌のへこんでいるところを何とかしなければなりません。肌表面を改善するためには、レーザー照射やフォトフェイシャルなどの治療方法が有効です。



 にきび痕も程度によっては、自分ではどうしても治す事ができない場合があるので、その際は必ず皮膚科などに相談する事をお勧めします。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。