FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

にきびを予防するには


 乾いた空気の中では、特ににきびができやすいことが、指摘されています。にきびの予防を始めるならば、季節が秋にさしかかったころがおすすめです。


ではなぜ、にきびは冬に悪化するのでしょうか。冬になると寒さも増しますし空気も乾燥しています。空気が乾燥していると、毛穴なども乾燥して皮膚の一番外側にある角質層が乱れて、皮膚が厚く硬くなってしまいます。


にきびができるのは、毛穴が何らかの理由で塞がったときです。にきびを予防するためには、まずは皮膚が乾燥してしまわないように、しっかりケアする事が一番大切です。


冬場は外の空気もカラカラに乾いていますが、暖房器具を用いる室内も乾いています。そのため、皮膚の水分が奪われやすい状態になっています。水分不足の皮膚は代謝が低下するか、外界からの刺激やストレスに対して弱くなるため、にきびなどお肌の問題が起きやすくなります。


特に冬はにきび予防というだけではなく、お肌のケアを十分にする必要があるのです。とはいえ、にきびは冬だけにできるものではありません。冬だけでなく夏や春にもにきびはできるものです。


 気温や湿度は季節によって変化しますので、にきび予防も外気の変化に合わせて行う必要があります。季節によって予防方法を変える必要があります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。